インスタグラムをビジネスで活用したらこうなる!

写真や動画を投稿して楽しめるインスタグラムを使っているのは、個人ユーザーだけではありません。
ビジネスアカウントを取得して、企業が広報活動に使っていたり店舗が集客のために使ったりしている光景も見かけます。
商品やサービスを利用したくなるような写真を投稿したり、季節に合わせたイベントの光景を投稿。
お店の場合はアカウントを作成したとき、プロフィールに場所や簡単な紹介、URLなどが出ています。
提供している食事のメニューや店内の様子、周辺地域の様子を紹介していることが多いようです。

インスタグラムをビジネスで活用する最大のメリットは広報ツールになること、特徴はお客様との距離が近くなることでしょう。
ホームページは閲覧することがメインで、関係者と接点を持つためには問い合わせる必要があります。
その反面、インスタグラムの場合は「いいね」を付ければ「その企業を応援している」「サービスが気に入っている」ことを伝えられます。
企業が投稿した写真や動画へコメントを付けるユーザーもいるため、「お客様の声」を聞くことが可能です。
座談会などを開く必要がなく、カジュアルな雰囲気でのやり取りが実現します。

お店の場合、地域に密着した情報を発信することで多くの人たちにPRすることができます。
観光客相手の店舗は都市名や地域名をハッシュタグ検索し、見つけたら「いいね」でお客様へアピール。
観光名所の近くに店を構えている店舗は、観光産業の一環を担うかのように積極的に投稿しているようです。
メニューや商品をきれいに撮影することで、全国各地のユーザーに見てもらえます。

今や女性の生活の一部になりつつあるインスタグラム、その中に企業やお店のページを作成しておくことはPRに効果が期待できます。
「いいね」が返ってきたときは、その数からどの程度注目されているのかを予想することができるでしょう。
インスタグラムを活用することで、お客様の本音を聞いたり、サービスや商品を利用した人たちの感想をチェックできるようになります。
企業であれば自社製品を愛用しているユーザーのページを、足跡を付けることなく見ることができます。
そのためユーザーがコメント欄を利用してフォロワーたちと「こんなサービスができたら良い」と、要望を話している様子が垣間見えることも。

頻繁に更新しているとファンに相当するフォロワーも、どんどん多くなっていきます。
新しいサービスを提供したり、新商品を考えるときにもインスタグラムが役立つでしょう。