インスタグラムの基本的な使い方を網羅する!

インスタグラムは他のSNSと違う機能も多くありますから、使いながら機能を覚えていきましょう。
利用する前に基本的な機能を把握しておいて、使いやすそうと思えるものから利用し始めると良いでしょう。
写真や動画の投稿を中心としたSNSである以上、まずは写真や動画の扱いに関する機能を覚えておくと便利です。

例えば、ストーリーを利用すると気軽にインスタグラムへ投稿する事ができます。
投稿は24時間で自動的に消滅しますから、後々になって溜まった写真や動画を整理したり、削除したりする必要がありません。
インスタグラムの利用に慣れてきたら、日常のちょっとした様子を撮影して投稿するという軽い使い方も可能です。

アーカイブを利用すると、画像や動画を見えない状態にする事ができます。
投稿した内容を消すか残すかで悩む必要がありませんから、とりあえずアーカイブにしておいて、後で必要があれば復活させる使い方も可能です。
投稿内容を整理する事に役立ちますから、定期的に行っていくと価値の高い写真や動画を選んで残せます。

インスタグラムを利用していると、実社会とインスタグラムの両方で繋がりできる事もあります。
この場合、複数のインスタグラムユーザーが写った写真を撮影して、投稿する場合もあるでしょう。
そこで、写真に写っているユーザーを紹介する為に役立つのがタグ付けです。
投稿を見た人は、タグ付けされたユーザーのアカウントを簡単にチェックできます。
お互いにタグ付けを利用しあう事で、インスタグラムのコミュニティーに興味を持った方を、誘導しやすくなります。

面白い投稿を共有する機能も覚えておくと、インスタグラムがより楽しくなるでしょう。
例えば、シェア機能を使う事で、自分がインスタグラムに写真や動画を掲載した事を他のSNSで知らせる事ができます。
これによって他のSNSのフォロワーの方達に興味を持ってもらう事ができます。
特定のユーザーに写真や動画を送りたい場合は、ダイレクトメッセージを利用すると便利です。

ダイレクトメッセージは、他のユーザーから送られる事もあるでしょう。
送られた内容が気に入った場合はスクショして保存する事もできますが、消えるダイレクトメッセージの場合はスクショがバレるので注意が必要です。
インスタグラムは基本的にどこでスクショしてもスクショされた相手に通知される事はありませんが、消えるダイレクトメッセージの場合は確実に相手に通知が届きます。

リポストは公式の機能ではありませんが、インスタグラムユーザーにとっては基本機能に近いものです。
他のユーザーの投稿した写真を、専用アプリを通じて自分の手で再投稿して多くのユーザーに知らせる方法です。
使いやすいアプリを探してインストールしておくと良いでしょう。