CONTENTS
スマホを触る女性

FacebookやLINE、TwitterやインスタグラムといったSNSはすっかり新しいコミュニケーションツールとして定着しました。
SNSのユーザー数は全世界で数億人、日本国内だけでも数千万人を数えます。
非常に便利な道具ですが、企業のなかにもSNSを導入しようという動きは活発化しています。
今回は企業のなかでSNSがどのように使われているのか、その事例を具体的に見ながらSNS活用術を考えていきましょう。

企業の宣伝アカウントがTwitterやFacebookに見かけることはすっかり定着しました。
日本の大企業でインスタグラムやTwitterに公式アカウントをもっていないところはほとんどありません。
SNSはそれぞれのサービスで数百万人から数千万人のユーザー数がいるので、企業の宣伝広報にとってSNSは無くてはならないビジネスツールです。

SNSの大きなメリットは拡散性です。
ほとんどのSNSにはシェア機能が標準装備されています。
Twitterを例に説明してみましょう。
Twitterのシェア機能は「リツイート」と呼ばれます。
これはツイートというひとつの投稿記事を自分のフォロワーに拡散する機能で、これによりツイートの閲覧数や拡散性は飛躍的に高まります。
多くのユーザーからリツイートされた記事は日本国内はもちろんのこと海外のユーザーまで見ることになるでしょう。
うまくリツイートされる投稿をすれば、企業や商品の認知度上昇につながり、集客効果も期待されます。

もうひとつのメリットとしてユーザーへの信頼感が集客効果を高める効果もあります。
SNS利用者は自分の好きなアカウントをフォローしています。
それは友人だったり、同じ趣味の人だったり、企業アカウントだったり、有名人だったりと様々です。
共通しているのは自分が関心のあるアカウントをフォローしているということでしょう。

そのため、自分がフォローしているユーザーが発する情報は高い価値を持ちます。
例えば好きな有名人が商品の感想を書いていたら、その商品が欲しくなるでしょう。
SNSにおいては「何を言ったかよりも、誰が言ったかのほうが大事」だと言われる所以です。

これまで企業の宣伝活動はユーザーの顔が見えませんでした。
テレビコマーシャルが良い例ですが、SNSは顧客の性質を把握しやすくなり、自分のアピールしたい層に向けて、よりダイレクトな情報を宣伝できます。
うまく情報を拡散できれば、テレビコマーシャルに匹敵する認知度も獲得でき、口コミで広がりやすく、そして集客効果も期待できるのです。

SNSを導入した企業の成功事例

企業のコミュニケーションイメージ

SNSは企業の宣伝や広報活動に使われているだけではありません。
社内コミュニケーションを活性化するビジネスツールとしての活用も始まっており、これは一般のSNSの使い方と区別して「エンタープライズソーシャル」と呼んだり「社内SNS」と呼んだりします。

社内のコミュニケーションツールとしてはメールやチャットが優勢でしたが、これからはSNSによるコミュニケーションが時代の流れです。
ただ、社内SNSの普及度はまだまだ少ないので企業の成功事例を元にどのように利用されているか紹介します。

ある企業は社内SNSを導入する以前、営業は顧客との商談で質問された内容をメモして、会社で日報を書くという形で上司に報告していました。
上司はそれをエンジニアに伝え、営業とスケジュールを組みながらミーティングを行い、資料を作り直してようやく顧客に資料を送ります。
これでは顧客の要求に素早い対応ができたとはいえません。
そこで社内SNSの導入を開始します。

この企業の社内SNSは活動を報告すると担当者に自動的に発信する機能が導入されていました。
これにより投稿者は特に意識せずとも、上司やエンジニアとの情報共有が可能になります。
加えて、項目ベースに検索機能が実装されているのでやり取りの簡単な検索も可能です。
情報共有が迅速になったことで、顧客とのスムーズな連絡が可能になり、信頼や満足度は高まったといいます。

この事例からも分かるように社内SNSは関係者全員に周知しておくべき情報を「見える化」できることが大きなメリットです。
既読機能もつければ、自分に対して何らかの返信があればアイコンに注意マークが表示されて既読返信率も高まります。

さらには情報の共有が容易になることで、これまで障害と思われていた部門を超えた情報共有も可能になりました。
社内SNSを導入した企業はこれらのメリットにより、社内の働き方の満足度の向上も実現されています。

スマホでコミュニケーションこの成功事例からも分かるように導入すると大きな効果が期待されるのがこのツールです。
これから「社内SNS」の活用はさらに活発化すると予想されています。
現在の利用状況は、ある調査によると2割ほどが社内SNSを導入しているといいます。
これはまだ少ない導入実績ですが、その調査では今後数年で約半数の企業が社内SNSを導入するだろうとも予測し、大きな反響を呼びました。
利便性が高いので、社内のコミュニケーションの便利なツールとして新たなスタンダードになる日も近いかもしれません。